自然科学研究所 サイトマップお問い合わせ
ホーム メッセージ 生薬アーカイブス 健康人生訪問期 薬事日報 信州ぶらり旅 ブログ
トップページ生薬アーカイブス>杜仲葉
杜仲葉

 

MENU
生薬アーカイブストップへ
杜のシーラカンス「杜仲葉」
「杜仲葉」といえば
「安心・安全」な長野県伊那谷産「杜仲葉」
「杜仲葉」の薬効
血圧を下げるゲニポシド酸の働き
優れた利尿作用
健康人生訪問記
new 「病気の気は、気がつけの気!」家族で乗り越えた病との戦い
「杜仲葉」の薬効

血圧を下げるゲニポシド酸の働き

「杜仲葉」に含まれる有用成分である「杜仲葉配糖体」内の「ゲニポシド酸」は、穏やかに血圧を下げる働きがあることがわかっています。ゲニポシド酸は身体の中に吸収されると、副交感神経という自律神経を刺激します。副交感神経は末端の動脈とつながっており動脈の筋肉(平滑筋)を刺激して拡張します。すると血液の流れの抵抗が減り、流れがよくなり血圧を下げることになるのです。高血圧ははっきりとした自覚症状がほとんどなく、気づかないまま進行すると死に至る合併症を引き起こすこともあります。

中性脂肪・コレステロールの上昇を抑制する働き

「杜仲葉」のエキスの摂取により体重や脂肪組織重量の増加が抑制されたという研究結果が報告されており、生活習慣病の原因のひとつである肥満の予防にも役立つと考えられています。また、中性脂肪やコレステロールの上昇が抑制されたことから、高脂血症(中性脂肪やコレステロールなどの脂質が血液中で過剰な状態)への有用性が注目されています。高脂血症は生活習慣病のひとつで、高血圧と同様、自覚症状はありません。しかし、放置すると動脈硬化を進行させたり、高血圧を招くことにもなります。その改善や予防にも「杜仲葉」の働きが期待されています。

ゆがんだ現代人の生活をサポート

杜仲葉杜仲茶の原料である「杜仲」は漢方薬の中でも不老長寿の仙薬として特に珍重されてきたものです。杜仲の効き目は、現代医学での分析と実証が進み、固有成分である「杜仲葉配糖体」内の「ゲニポシド酸」が高血圧症、腰痛、関節痛、ストレス、精力減退、排尿困難さらに物忘れの予防などに薬効があると報告されています。しかも副作用はありません。安心して常用できる「理想的な保健薬」として注目されています。

 
優れた利尿作用

三七人参(田七人参)クマ笹杜仲茶ウコン