自然科学研究所 サイトマップお問い合わせ
ホーム メッセージ 生薬アーカイブス 健康人生訪問期 薬事日報 信州ぶらり旅 ブログ
トップページ生薬アーカイブス>三七人参

 

MENU
生薬アーカイブストップへ
人参の王様…「三七人参」
「三七人参」とは
「高麗人参」に勝る「三七人参」
「三七人参」の薬効の主役は「サポニン」
「三七人参花」の「サポニン」は根の4倍…
「サポニン」以外にも優れた成分「三七ケトン」…
「三七人参」の効果
「三七人参」の身体への優しい働きかけ
生活習慣病に効く「三七人参」
現代人の悩みを解消する「三七人参」
健康人生訪問記
new 「病気の気は、気がつけの気!」家族で乗り越えた病との戦い

「三七人参花」の「サポニン」は根の4倍…

「三七人参の花」には「根」と違った効果があり、市場では各部ごとに分かれて取引されています。乾燥した「花」は、濃い緑色で小さな菊のような形をしています。「花」は高級茶として血圧降下やのどの炎症を鎮めるのに用いられていますが、実は非常に希少価値の高い「根」の部分よりも「花」には「サポニン」が4倍も含まれていることが最近の研究でわかっています。つまり、「花」には「高麗人参」の12倍もの「サポニン」が含まれていることになります。

「サポニン」以外にも優れた成分「三七ケトン」…

「三七ケトン」は、冠状動脈疾患を改善して、血液中のコレステロール値を削減する働きがあると報告されています。「三七ケトン」には心臓の筋肉に血液を送り込む冠状動脈を拡げて、顕著に血液量を増やす作用があります。同時に心臓の負担も軽減させます。狭心症と心筋梗塞の原因となるのが、冠状動脈の動脈硬化です。冠状動脈が狭くなり心臓に血液が十分運ばれなくなることで狭心症や心筋梗塞が引き起こされます。「三七ケトン」は冠状動脈を拡げて血液量を増やす作用があるため、狭心症や心筋梗塞に効果を発揮します。
 
 
「三七人参」の身体への優しい働きかけ

三七人参(田七人参)クマ笹杜仲茶ウコン